宣伝広告の元気箱

幼稚園のピーアール

  • LINEで送る

幼稚園のピーアールについてお伝えしています。
今日は「購買心理プロセス」に学びましょう。

広告コピーライターとして、初めに学ぶことが「購買心理」です。

消費者がどのような心理プロセスを経て、購入に至るかを理解しておくことで、どの段階の宣伝を仕掛けるかの作戦を考えます。

幼稚園に置き換えて、心理のプロセスを説明します。

1)未知 最初はここ。告知されていないものは未知です。知らない幼稚園のことは、興味ももちろん持てません。知られていないものを人は欲しいと思うことができないのです。知らない園には、行けません

2)認知 口コミやチラシなどによって、初めて知ります。それがあることを知ることで「ある」ということがわかるのです。なんだ、家の近くに幼稚園があったんだ。裏道でわからなかったね、と。

3)理解  内容がわからないことに、人は警戒をします。「ある」ものの内容を理解しなければ、購買行動へと進むことはないのです。よくわからない幼稚園や何をやっているのかわからない教室には怖くて近づけないのです。

4)好意 内容を理解して、次に近くなるということは、好きになるということです。それが「好き」だと思うことで一気に購買行動に近くなります。◯◯幼稚園て、いいよね

5)確信 決意するためには確信が必要です。「必要性」や「信頼」を確信することで購買行動のスイッチが入ります。お友達がみんな行くって言うから、きっと大丈夫ね。私も行くわっ!

6)購入 確信して購入します。金額の高い買い物ほど、検討時間は長期化します。心理的な確信と物理的な購入条件を整えて購入するためです。幼稚園も高い買い物ですよね。一生を左右するものですからね。


結論。

購買心理プロセスに学ぶとは、これから作る広告は、どの段階の保護者に向けて語るのか、ということです。

  • LINEで送る