116

今日も
園児募集の仕組みづくりの12の原則について
お伝えしましょう。

原則の言葉とは

未就園児親子が
来園しやすく
また来たいと思い
入園するまでの
仕組み作り でした。

今日は

「入園するまでの仕組み」というキーワードを定義します。

ポイント11・・・入園するまでの仕組みのその2

「より多い回数の来園で親密感情を醸成すること」

未就園児親子教室を展開していても、
入園につながらないというお話を聞きます。
それは、セオリーを無視しているからなのです。

11番目のポイント、

すなわち、

より多い回数の来園で親密感情を醸成すること、とは、

1.一度の来園で幼稚園のすべてを判断させないことです。

2.継続的に幼稚園に来ることができる行事を用意することです。

3.それが入園意思決定前の親子教室であるということです。

結論。

親子教室には意味がある。

通園親子と担当の先生との信頼作りという意味がある。